芸術の都ACTくま100は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

国連加盟国は、2015年9月25日の総会決議A/RES/70/1により、持続可能な開発目標(SDGs)を採択しました。

この決議のねらいは、あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、誰一人取り残されないようにするため

2030年までにこれら17の目標を達成することにあるとされています。

芸術の都ACTくま100は芸術活動やボランティア活動を通じてSDGsを支援する取り組みに参画し、よりよい地域社会、よりよい世界を目指します。


芸術の都ACTくま100では、これまでに避難所、仮設住宅、保育園、幼稚園、学校、病院、介護施設、企業、公共施設等で400回以上の心のケアコンサートを実施して参りました。
熊本県内外で活躍するアーティストの表現の場作りをサポートし、地域のみなさまに熊本のアーティストのことを知っていただくきっかけを作ることにより、音楽や芸術の繋がりを身近に感じる機会が増え、熊本で暮らす人々が心豊に生活できる環境作りを芸術面からサポートいたします。

プロのアーティストとの交流を通して参加者の想像力や直感力を養う機会を提供し、豊かな感性を身に着ける機会となるよう各機関と連携を取りながら事業を展開しています。


2020年からは新型コロナウイルス蔓延に伴い、活動や表現の場を無くしたアーティストや緊急事態宣言等で自宅待機を余儀なくされた方の日常生活をサポートすることを目的に音楽演奏の動画配信やSNSを活用した動画紹介を実施しています。

企業、行政、地域の民間団体と連携することにより、各催しや行事、イベント等で音楽や芸術活動を通じたオープニングセレモニーの実施をサポートいたします。オープニングセレモニーを行うことにより、場の緊張感を和らげ、催し本来の目的の達成や出席者が目的に応じた積極性を発揮できる等の効果が期待できます。

また芸術活動を通して熊本の農産物、地域資源、企業、団体の活動等を応援することにより魅力ある熊本作りをサポートいたします。

避難所での音楽支援
仮設住宅での音楽支援

TOP
TOP